合コン,女子会,宴会,グルメ,ウェディング二次会にピッタリな居酒屋です!!「東京 上野の居酒屋、東京豚バザール、骨付鶏と生つくね ふくまめ、竈屋」

HOME > 私達の食へのこだわり

私達の食へのこだわり

「LYB豚」

「LYB(るいび)豚」の生産者は静岡県富士宮市に有る、豚の人工授精や品種改良に関する世界的権威「桑原 康」さんです。?養豚農家の3代目であり、"家畜人口受精師"と"獣医師"の資格を持ちながら、豚のブリーダーとして日本トップの実績を持つ養豚界の第一人者です。なぜかと言うとそれには理由があります。全ての原種豚を保有しているのは、日本では桑原さんの運営する「富士農場サービス」だけです。 http://www.fujinojo.or.jp/

では、なぜ「LYB豚」?

「富士農場サービス 代表桑原」さんが考える「最高に美味しく!」「常に安全!」な豚肉を提供したいとの思いから、思考錯誤を繰返し8年前に商品化した豚です。名前は交配している豚の原種の頭文字を解りやすいように並べました。

豚博士の桑原氏です、後ろには放牧豚です!
豚博士の桑原氏です、後ろには放牧豚です!

「L」・・・ランドレース  「Y」・・・ヨークシャー  「B」・・・バークシャーのそれぞれの頭文字を並べて「LYB豚」なのです。豚はそれぞれの原種によって肉質も味も差しの入り具合も、出産頭数も違いますので、この交配がとても美味しい豚肉を作るに際し非常に大切な事なのです。今は、精算拠点も静岡、山梨、千葉と分散肥育しています。

LYB豚の子供です、狭い豚舎では無く子豚も嬉しそう。
LYB豚の子供です、狭い豚舎では無く子豚も嬉しそう。

肉の味は?

「LYB豚」の特徴は、しっかりと肉の食感もありつつ、くどくなく脂身に甘味とが有り、一口噛むとジューシーで柔らかい食感と噛めば噛むほどに湧き出る深い味わいに有ります。特に「富士山溶岩焼き」は遠赤外線効果で周りはこんがり、少しピンク位でお召し上がりください!肉からのジューシーな肉汁とさっぱりしたお味と、濃厚で深味と甘味が有るが決してくどくない脂身を富士山の溶岩がバランス良く焼き上げます。
付け味に岩塩と福岡直送柚子胡椒を少しのせて、召し上がってみてください!
豚肉の美味しさを再度実感することでしょう!もちろん、美味しいお肉ですからビールやワインはもちろん!焼酎との相性の良い最高の豚肉「LYB豚」です。

LYB『豚ロース溶岩焼き』です!必ず食べてくださいね!
LYB『豚ロース溶岩焼き』です!必ず食べてくださいね!

「富士放牧豚」

こちらの豚も桑原さんの作ったお肉でして、こちらは名前の通り広大な富士の裾野、富士宮市に有る養豚場?というか・・・行ってみて驚いたのは豚達がみんな笑って見えるのです!!と言うか笑っています。1頭あたり20坪以上のスペースを確保した大きな土地にLWDの交配された「放牧豚」たちが雑草の中を駆け巡り、じゃれ合いノビノビ!イキイキ!と暮らしています。
ストレス0(ゼロ)で肥育された豚達は先ず、健康で餌も薬品を使わずに自然の植物を中心に与えています。写真を見ていただければ一目瞭然ですが!

見てください!この放牧されている子豚を!!
見てください!この放牧されている子豚を!!

お肉は少しですが脂がやや多いので、当店では「放牧豚のしゃぶしゃぶ」としてお出ししています。やはり脂身に甘味とコクがあり、肉に癖は無く何枚でも食べれてしまうほど、さっぱり食べられます。食べ方もシンプルで、しゃぶしゃぶしたお肉で水菜や白髪葱等を巻いて、ポンズでお召し上がりください。
肉の甘味と野菜のシャキシャキ感が絶妙です!!

自慢の『放牧豚のしゃぶしゃぶ』です!
自慢の『放牧豚のしゃぶしゃぶ』です!

「佐賀の田舎鶏」

佐賀県の(有)東西食品 田中久光さんが作る「田舎鶏」は、昔軒先で走り回って飼われていた、健康で脂の乗った鶏を今に再現したいと熱き思いで作り上げたのが「田舎鶏」です。
ブロイラーは生後約50~60日で食卓に並ぶのですが、「田舎鶏」はなんと8倍!400日!!掛かります。月間200羽の出荷のみの貴重な鶏です!
「田舎鶏」の餌は大豆かす、おから、トウモロコシ、小麦、米、キャベツの濃縮エキス等を配合して与えています。もちろん!餌も田中さん自ら配合等試行錯誤しながら作っています。

右が東西食品代表の田中さん、左は行きつけの店「一吉」店主さま。
右が東西食品代表の田中さん、
左は行きつけの店「一吉」店主さま。

肝心はお味は・・・・

先ず驚くのはその食感です!噛めば噛むほどに旨味が出て来るプリッ!プリ!の弾力のある歯応え!肉の甘味がぎゅっとつまった、濃厚で深い味わい!臭みのない上級肉です。低脂肪、低カロリーで消化にも良いのが特徴です。

契約農家さん

私達に毎日新鮮で美味しい朝摘み野菜を提供してくださるのが、「TKF 木村」さんです。木村さんは海外で農業を学び、日本の農家を元気にする事!安心・安全な野菜を食べて健康になってもらいたい!と言う気持ちを胸に帰国後農業に飛込みました。
今では数十種類の葉もの野菜からなりもの野菜迄多くの野菜を地元の農家の方々と一緒に生産してくれています。

TKF代表の木村さん、丁寧に野菜を管理栽培している熱い方です。
TKF代表の木村さん、丁寧に野菜を管理栽培している熱い方です。

この方は農薬、化学肥料を使用しない野菜作りを目指している木村さんと、植物が育つ上で大切な堆肥を提供するのが「平子」さんです。平子さんは元々東京出身で中学教諭から料理人になり究極のホスピタリティーは?と自問自答の末農家の基本でもある「土」=「堆肥」これでより健康な野菜作りを、沢山の農家の人に広めたいと考え、「堆肥職人」となり日本経済新聞(平成21年12月20日発行)にも取上げられました。そんな二人のスーパーメンズが作る野菜は、味は濃くしっかりした食感と、素材の持つ旨味や甘味です。

堆肥職人の平子さん、熱心に堆肥や農業の事を語っていただきました。
堆肥職人の平子さん、熱心に堆肥や農業の事を語っていただきました。